スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
「暮らしと経済を破壊する消費税増税推進の内閣」
2012 / 01 / 14 ( Sat )
 野田改造内閣発足のニュースが流れています。
 首相は「行政改革、政治改革、そして社会保障と税の一体改革という、先送りすることのできない課題を着実に推進するための最善かつ最強の布陣をつくるための改造」と言いました。まさしく、暮らしも経済も破壊する最悪の消費税推進内閣の誕生です。

 民主党政権は「政治を変えてほしい」という国民の願いを裏切って、完全に自民党政治に逆戻りしてしまいました。ムダ使いを改めるどころかまったく逆だから、なおさら腹立たしい。民主党自身が「中止」を主張してきたのに、八ツ場ダム建設は強行し、来年度予算で56億円を計上します。こうしたムダな大型開発に、国と地方あわせて9000億円もの公金を注ぎこもうというのですから。

 他方、増税と一体にすすめようという社会保障は軒並み後退で、景気をいっそう悪化させるなど、矛盾だらけです。
 消費税増税に「反対」が52.9%と半数以上(共同通信9日付各紙)国民は、内閣改造で目先を変えても、怒りはおさまらないでしょう
 消費税大増税は、地方の行財政運営をますます困難に追いやるでしょう。黒須市長の後継の自民党都議も、元自民党市議も、消費税大増税推進もしくは容認の立場です。私は道理のない消費税増税にはキッパリ反対します。こんどの市長選挙を民主党政権による公約破りの消費税増税への市民による審判の機会にしましょう。

 私は40年間、住民の要求によりそって、さまざまな運動に参加してきました。いまこそ、八王子で、長年続いてきた自民党政治をきりかえて、住民のいのちと暮らしを守る自治体本来の姿をとりもどすために全力でがんばる決意です。
スポンサーサイト
20 : 40 : 52 | 思うところ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
自民党市政を転換できるのは…
2012 / 01 / 14 ( Sat )
 黒須市長の後継の自民党都議は「攻めの市政・まちづくりへ転換」「“関東の西の雄”の再構築」を掲げ、「市街化調整区域の見直し」を主張して、さらなる大型開発に突きすすもうとしています。
「市民本位の市政」をかかげている市議の方は、「徹底市民党」をかかげていますが、もともと自民党に所属していたときも、離党してからも、黒須市政の予算・決算に、すべて賛成してきました。
 昨年末、「市民の手で市長をつくる会」に参加している日本共産党に対し、自ら支援を要請しながら、土壇場になって、「共産党の支援を明らかにすれば支持が減る」と言いだし、自ら約束していた文書の取り交わしさえ拒否する態度にでました。
 これではいくら市民要求を公約にかかげていても、自民党の圧力に対抗して、本気で市政を変えることはできないのではないでしょうか。
17 : 31 : 16 | 思うところ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。