スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
プロフィール
2012 / 01 / 14 ( Sat )
峯岸 ますお(無所属・日本共産党推薦) 

プロフィール
● 1948(昭和23)年、東京都南多摩郡多摩村(現在の多摩市)で農家の三男として生まれる。
● 多摩村立多摩小学校、多摩中学校を経て、1967年都立第二商業高等学校を卒業。
● 高校卒業後、八王子青果市場で卸売業に従事。
● 1981年に東京土建一般労働組合八王子支部書記となり、以来28年間一貫して八王子支部の書記を続け、書記次長も経験。建築職人である組合員の要求実現に奔走。
● 定年退職後も、様々な要求実現のための市民団体に参加。現在、年金者組合、高尾山の自然をまもる市民の会、北西部幹線を考える会、八王子健康友の会、消費税をなくす八王子の会、日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会、国民救援会、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟などの会員。
● 東日本大震災救援対策センター(石巻市)で救援ボランティアに参加。約2週間、全国から送られてくる大量の救援物資を仕分け、届ける活動に取り組む。
● 現在63歳。
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

23 : 34 : 59 | プロフィール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
私の思い
2012 / 01 / 14 ( Sat )
●雇用とくらしと権利を守って40年

 私は、八王子で40年以上、市民の要求実現をめざして努力してきました。東京土建書記のときには、工事代金不払い問題で、組合として元請企業と交渉し、数百万円の支払いをさせたこともたびたびありました。
 市内の多くの自然保護団体の方々、業者や市民団体のみなさん、政党では日本共産党がすいせんしくれました。だから私は、公約をしっかり守る、あたりまえの市政を実現するためにがんばることができると自負しております。

●救援ボランティアに参加

私はまた、東日本大震災の直後から、街頭で救援募金や原発ゼロを求める署名に力いっぱいとりくんできました。さらに、8月から11月のあいだに、合計17日間、宮城県石巻市で救援活動に参加してきました。
 そこでは、いまだに大切な人をなくした悲しみにむきあう余裕すらなく、避難生活を送る人たちを目の当たりにして、ショックを受けました。そして、住民のいのちとくらしを守る自治体の役割を痛感したのです。
17 : 30 : 20 | プロフィール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。